島暮らしでもネイティブ英語に触れる!YouTubeのおすすめ学習法

母子ともに英語学習がなかなか定着しない我が家。

YouTubeではアメリカで発信された動画も数多く視聴できるので、聞き流し学習用にAmazon「Fire TV Stick」を購入して、YouTubeで英語学習をすることにしました。

実際に使ってみるとメリットがたくさんあるものの、マンネリ化しないために工夫も必要だな~ということがわかってきました。

今回は、YouTubeで英語学習してよかった面と注意点、子どもの食いつきが良いおすすめのチャンネルなどをご紹介していきます!

YouTubeでの英語学習のメリットは?

どこでもできる

スマホやタブレットがあればYouTubeはどこでも視聴できるのが最大の魅力です。我が家のように田舎の島暮らしでも、YouTubeは見ることができます。

さらにネット環境があれば車での移動中や旅行・帰省中でもネイティブ英語を聞き流しすることができます。

英語は独特のリズムがあるので、日本人はまずリズムに耳を鳴らすことが重要ですよね。そのためにも、とにかく英語を聞きまくることは大切だと思います。

ネイティブ英語に触れられる

「英語」といっても、訛りやスピード、スラングなど、色々なクセがありますよね。

日本人が英語を聞き取れないのは、実際に使われるスラングなどに聞き覚えがないことや、そのスピード感やリエゾンについていけないからとも言われます。

そのため、英語独特のリエゾン・省略に慣れるためにも、たくさんのネイティブの発音・文章を聞き流したいですが、それもYouTubeなら無料で叶います。

好きなチャンネルから英語を学べる

英語を学ぼうにも、興味のないセンテンスをひたすら覚えるのは苦痛ですよね。

しかしYouTubeはチャンネルや動画が星の数ほどあるので、自分の好きなものや好きな人の動画から英語を学ぶことができます。

特に子供は英語を学ぶメリットもよくわかっていないので、「公園」「工作」「アニメ」といった好きなテーマから英語に親しめるのはモチベーション維持にもつながりますよね!

無料

YouTubeでの英語学習の最大のメリットといえば、無料でできることでしょう。

世界中の動画が、ネイティブが話している英語動画も、見放題で無料。さらに「LIVE」アイコンがある動画は現在LIVE中なので、アメリカの番組であってもリアルタイムで視聴できるんです。

英語教材といえば高額なものも多いので、自分で気軽に始められるYouTubeは使わない手はありません。

YouTubeでの英語学習のデメリットは?

視力低下に注意

やはりモニターを見続けると視力が悪くなるケースも多くあります。

そのため、適度な休憩を入れる、モニターとの距離を保つなどはした方が良いでしょう。

特に子どもは腕が短い分、目とモニターの距離が近くなりがちです。そのためタブレットを使っているときは大人が近くで見守れることが大切ですね。

やった気になってしまう

YouTube動画を見ていると、ついつい「今日も1時間も英語番組を見た!」と学習したつもりになったものの、実際に覚えた単語やフレーズがなかったりすることもあります。

そのため、YouTubeで英語学習する際には「時間」と「目的」を意識しましょう。

「この1エピソードで、3つフレーズを覚える」などの目標を立て、覚えたい単語やフレーズをノートに書きだすのも効果的です。

大人の英語学習におすすめのチャンネルは?

ニック式英会話

「とにかくリスニングが苦手」という方におすすめなのが、ニック式英会話。

ニックさんがネイティブ発音で、英語のリエゾンや省略を詳しく解説してくれています。アメリカのドラマや映画も題材になっていて、色々な角度から何度も聞くことによって、自然と耳が慣れてきます。

  • 「But I~」は「バット アイ」ではなく「バダイ」に聞こえる
  • 「met him」は「メット ヒム」ではなく「メディム」に聞こえる

日本語もペラペラなニックさんなので、生粋の日本人耳の私でも上記のような省略後・リエゾンが聞き取れるようになりました。

英語独特のリエゾン、省略でリスニングが苦手な方におすすめのチャンネルです。

Speak English With Vanessa

こちらのヴァネッサさんのチャンネルもおすすめ!

終始英語で話しているので、オールイングリッシュの教材と言えますね。

英語学習法などもすべて英語で話されているので最初はとっつきにくいかもしれませんが、最初は字幕をONにして挑戦してみてください。説明も英語なので、慣れてくると英語学習効果は二倍です!

幼児の英語学習におすすめのチャンネルは?

Cocomelon(ココメロン)

アメリカ人の2~5歳の子どももよく見ている、ココメロン。

童謡のメロディや替え歌の歌詞等を通じて、英単語やフレーズが自然に覚えていくことができます。我が家の娘も2~3歳のころはとても好きで、何度も見ていました。

1曲分でストーリーが終わるのですが、ごみの分別や海での注意点など、学習的効果もあるのもおすすめポイント。1曲分という短い時間なので、子どもでも飽きずに見ていましたよ!

ただ、3歳後半くらいになってくるとよりストーリー性が強い動画を好むようになったので、やはりおすすめは2~3歳のうちに、聞き流すことでしょうか。

Peppa Pig

ペッパピッグも3~6歳の子どもにおすすめの動画です!

使っているフレーズが日常会話であること、またキャラクターたちがゆっくりしゃべることからも、聞きやすく使いやすい単語・フレーズが多いので英語初心者さんにおすすめです。

Disney 公式チャネル

ディズニーチャンネル公式から、YouTubeには色々なアニメが公開されています。

ディズニーチャネル公式のアニメ例
  • Mickey Mouse CLUB HOUSE
  • MINNEY’s BOW Toons
  • PJ masks
  • SPIDEY
  • Puppy Dog pals
  • Vampirina
  • Elena of Avalor など

男の子/女の子、赤ちゃん向け/幼児向け/児童向けなど、とにかく種類も豊富なので、好きなアニメを見つけて繰り返し見るのがおすすめです!